TCセミナー・ドットコムにアクセス頂き誠にありがとうございます。
サイトをリニューアル致しましたので最新の情報はhttp://tcconsulting.co.jp/seminerでご確認ください。

  • 冨田賢のご挨拶

参加者の声

『会社の成長ステージを上げ、強い会社を作ろう!』
   〜強い会社の社長が行っている 会社経営の秘訣を伝授します!〜

開催日時:2012年1月19日(木曜日) 18:30~20:30

下記のようなコメントをご記載いただきました!


 

【質問1】今日のセミナーを聞いて学んだことは何だったでしょうか あるいは、明日からのあなたの事業・仕事に役に立つと思ったことはなんでしょうか 思いつく限り、書き出してみてください。

【質問2】今日のご感想やセミナー内容・運営について、改善点など、ご自由にお書きください。また、セミナーにて聞きたいと思う経営テーマがありましたら、合わせてお書きください。

 

 

【質問1への回答】

・法人営業ポイント
・明快なお話しで元気になります。

・外国にも伝えますね。

ありがとうございました。

【質問2への回答】

・SNSの経営への使い方

・企業、商品、サービスの有効な告知法、成功例など

・クラウドサービスの利用を経営にどう取り入れるか

 

【質問1への回答】

「景気に左右されない、されにくい会社」が良かったです。

建築の設計、生損保の割合が1:9~2:8ですが、設計業務が景気の影響を受けることが大きいので、今年はバランスを考えてと考えました。

【質問2への回答】

 

【質問1への回答】

・会社の時間スパン

・強い会社

・費用帯効果、バランス

・営業の切り口、考え方

・景気に左右される

・社員教育

【質問2への回答】

話は聞きやすかった。

自分のスキルアップに、社員教育に役立つテーマを聞きたいです。

 

【質問1への回答】

怒り方は非常に難しく思っています。

統一化した対応をして、混乱させず、モチベーションを上げていきたいと思います。

アイディアについても、できる限り多く、社長の依存度を下げていくことは大切だと理解しました。

会社同士の付き合いも可能な所は、どんどん社員と社員を広げられるように意識したいと思います。

【質問2への回答】

初めて参加ですが、非常に有意義でした。

 

【質問1への回答】

・スピーチは2番目にしろ!

・勢いのある人と名刺交換しろ!

・社員教育に力を入れる

・費用帯効果

【質問2への回答】

 

【質問1への回答】

神戸から来てよかったです。

これはまた参加したいと思いました。

優秀な経営者が集まっている印象を受けました。

それはコメントの返し方にそう思いました。

今日のセミナーでこれはやれない!と思ったポイントは。3-5の時間スパン。

イメージはあるが、(結構そのイメージはあたるが、)紙に、エクセルに落とし込んでみようと思いました。

【質問2への回答】

とてもわかりやすいセミナーでした。

冨田社長の本、買います!

 

【質問1への回答】

自社の状況を捉える尺度として、いくつか新しい考え方をいただきました。

社員の教育や社長への依存度の内容までは、すぐにでも自社で見直したいと思います。

【質問2への回答】

 

【質問1への回答】

・目に見える費用対効果、目に見えない費用対効果(資産か費用か?

・社員教育、汎用性、時間のスパン(貢献、誰に何を)

・困ったときに助けてくれる人おすそわけ、見返りのない貢献

【質問2への回答】

 

【質問1への回答】

・Do not even think of it!

・経営会議がしっかりしている

【質問2への回答】

内容が少し多いのかなと。

もう少しテーマを絞って、深い方がいいのかなと。

「いろいろと」気づきがありました。(すいません)

期待していた以上に良かったです。

 

【質問1への回答】

・交流会にどんどん参加する。

・とにかく人に会う。

・強い会社の条件を意識する。

【質問2への回答】

 

【質問1への回答】

・社長の営業力について

・営業メソッド35について

・任せて失敗させる

・社長は褒めて、励ます側に回る

・アイデアを30個出す

・何かあったら、自分がリスクをとると伝える

・名刺データにタグ付けする(何で会ったか)

・名刺交換時に、イメージで「パシャ」と覚える

【質問2への回答】

来てよかったです。

ためになりました。

ありがとうございました。

 

【質問1への回答】

私は以前社長をしていましたので、うなづける部分が多かった。

ただ、どちらかというと大きな企業で育ったので、少し異なったところもあるが、経営の基本は同じなので、状況、見方で弾力的に対応するということかと思います。

【質問2への回答】

内容の濃いセミナーで、大変勉強になりました。

 

【質問1への回答】

社員教育の重要性

【質問2への回答】

社員教育などの事例紹介があると助かります。

 

【質問1への回答】

社員教育は大事だと思います。

自律的行動につなげる工夫をどのように行うかをポイントとして考えています。

そういう意味で、客先に行って聞くべきことを指示して、行かせるのはあまり良いとは思いませんでした。

目的は何?を意識して、自分でも何を聞くかを考えさせた方が良いと思います。

【質問2への回答】

社員教育などの事例紹介があると助かります。

内容の濃いセミナーで、大変勉強になりました。